四柱“原局”と 運勢流れの大切さ比較
四柱“原局”の大切さ
  • 四柱“原局”と言う(のは)年·月·日·時 4柱万を言います。
  • 四柱“原局”(四柱“八字”)は生まれの基本骨格として非常に重要です。 よく先天運これとも言います。
  • “原局”は基本性格、心性、外貌などの先天的な眠り“財星”を現わして、“原局”だけでは 四柱を判断することができないです。
運勢(“大運”·“年運”)の大切さ
  • 運勢だと言うことは “大運”/“年運”/“月運”/“日運”の機運が絶えず流れることで “原局”との関係によって数万種類に変化します。
  • “原局”での財物·官運·健康·家族などは基本的な潜在力が 運勢を通じて外部で現われると言えるから非常に重要です。
四柱“原局”と 運勢の比較
  • “原局”が良ければ暮しやすい自然環境に比喩されて、楽ではあるが発展性がのろくて発展幅が少ない一方,
  • “原局”に欠陷があって、“大運”でこれを補って良い場合はむしろ発展幅がもっと大きくなるようになります。
  • したがって “原局”が良くないと悪いことではないです。 運勢(“大運”·“年運”)Graphが上がる期間にはむしろもっと発展幅が カーソルー良いことで見れば良いです。
  • “原局”が良いが流れが良くない場合は ⇒ 高学歴失業者に比喩することができるし,
  • “原局”は良くないが 運勢の流れの良い場合は ⇒ 学歴は高くないが就職してよく暮らす場合で比喩することができます。
             出力日時2019.06.19 四柱推命